アルコール依存から立ち直るための3つの条件

アルコール依存症の改善は容易ではありません。
その理由は、まずはアルコールで脳が正常な判断をすることが難しい状態に
なっていて、少しでお酒を飲むだけで脳の働きが一気に低下する状態であり、
そのため病院に通うことやカウンセリングに通うことも拒むからです。

アルコール依存症ということは、生活の中で正常な判断ができる時間が少ない
ということなので、このようなアルコール依存症の特徴を踏まえた改善のため
の条件というものを説明します。

家族をはじめ周囲のサポートが必要

カウンセリングには、アルコール依存を改善したいという人からの相談があり
ますが、これまで自分の意思のみで相談に来た方はいません。
親、夫や妻、兄弟、職場の上司、友人など、誰かにカウンセリングを受ける
ことを進められて、乗り気はしないけど連れてこられたというケースばかり
です。

それほど自分の意思で改善に踏み出すことが少ないので、身近にアルコール
依存症と思われる人がいる場合は、家族をはじめ周囲の人がその人をカウンセ
リングや病院に連れていくことが必要になります。

さらにアルコール依存症の人は、すぐにカウンセリングにも病院にも通わなく
なってしまうので、通い続けることをサポートする人がいることで改善率は
高くなります。

カウンセリングや治療の継続が必須

アルコール依存症は、カウンセリングや病院での治療を続けることが改善の
ための必須条件です。
程度によっては入院によって集中的に治療をする必要があります。

専門家の判断を無視してカウンセリングや治療を中断する人は、高確率で
再発してしまうので、必ず改善するまでカウンセリングや治療を継続して
下さい。
身近な人は、その継続をしっかりと支えて頂くことが必要になります。

断酒は絶対条件

アルコール依存症を克服するためには、お酒は一生飲めません。
その理由は、お酒の成分が脳内に出来上がった依存症の回路を刺激して
少しのだけでも治療を始める前の状態に逆戻りしてしまうからです。

ずっと飲んでなかったから久しぶりに飲んでみようと思って、少しだけ
と思っていたら大量に飲んでしまったということになってしまいます。
そして、その日からカウンセリングや治療も止めてアルコールに依存
する生活に舞い戻ってしまう人もたくさんいます。

もし、カウンセリングや治療を継続している時、一旦改善したという
ことでどちらにも通うことがなくなっていたけど、お酒を飲んでしまった
という場合は、再度通っていたところに相談に行って、正直にお酒を
飲んだことを話して下さい。
それが、再度アルコールに依存する生活に舞い戻らないために必要な
行動です。

最後に

アルコール依存症の怖さは、上記を読むだけでも伝わるのではないかと
思います。
ただ、このページを読んでいただいている方の多くは、アルコール依存症
の本人ではなく、身近にアルコール依存症の方がいてその人を心配して
いたり、そのことで困っている方だと思います。

アルコール依存症は、専門家に相談して改善に取り組まないと改善する
ことは難しいので、身近にアルコール依存症の人がいる場合は、いち早く
カウンセリングか対応してくれる病院に連れていくことをお勧めします。

アルコール依存症に関するコンテンツ


カウンセリングの予約