お酒を止めるためのカウンセリングの流れ

これまでにアルコール依存症の方のカウンセリングを行ったことはありますが、
他の依存症に比べると件数は少ないです。
その理由は、アルコール依存に関しては程度によっては入院による治療が必要
になるため、病院で改善に取り組まれている方が多く、カウンセリングルーム
に相談に行く人が少ないからです。
AXIAでも、入院の必要があると感じる方は病院での治療を提案させて頂き
ます。

アルコール依存症を改善するためにカウンセリングでできることはありますが、
設備や医療的なアプローチが必要な場合もあるので、カウンセラーは病院に
行くことを勧めるべきかしっかりと見極めなければなりません。

日常生活の中でアルコール依存症の改善を目指す方へ

日常生活を送りながらアルコール依存症の改善を目指すという場合は、
カウンセリングを継続して受けることが必要です。

他の依存症の方と同じでアルコール依存症の方もカウンセリングにしろ、
病院での通院治療にしろ、継続しない方が多く、再度アルコールを飲み始めて
しまうからです。

まずは、カウンセリングや病院での通院治療を継続することが、改善のための
2つ目のステップです。
ちなみに1つ目のステップは改善をしようとカウンセラーなり、病院なりに
相談に行くことです。

アルコールは絶対に飲まない

アルコール依存症のカウンセリングでは、前回のカウンセリングからお酒を
飲んでいないかを毎回確認します。

一度アルコール依存症になると、一生お酒を断たなければならないからです。
お酒好きとアルコール依存症の違いは、お酒を飲む量を調節出来たり、時と
場所を選んで飲むことができるか、飲まなくても平気かという点です。

アルコール依存症になった方は、アルコールが体内に入ると脳内にできている
依存症の回路が刺激され、治療をどれほど続けていたとしても依存症に逆戻り
して、飲み量の調整ができない、飲む量と場所を調整できない、飲まずにいられ
ないという状態になってしまいます。

カウンセリングを受けるということは、カウンセラーと飲まない約束を続ける
ことでもあります。
その約束の確認を行いながら、日常生活の様子をお聴きして、アルコールに
よって壊してはいけない日常があるという自覚を強めていって頂きます。

自尊心の回復の生活の再生

アルコール依存症になってしまうと、生活の中で様々な失敗をしてしまったり、
改善に協力してくれる人を裏切ってしまったりして、自尊心が低下しています。
自己嫌悪になって自分がとても無価値な人間に感じてしまうようになり、その
葛藤を誤魔化すためにまたお酒を飲むという悪循環に陥っています。

そのため、カウンセリングでは、カウンセラーとの関係性を築く過程で自尊心
の回復を試みて、それと同時に日常生活を立て直すためのアドバイスを行って
行きます。
改善のための日々の積み重ねが、自分の生活を再生していっている手ごたえに
つながり、日常生活の大切さを自覚することになっていきます。

カウンセリングでは、カウンセラーがアルコール依存症からの回復をサポート
しますので、日常生活の中でアルコール依存症を改善する必要性のある方は
相談にお越し下さい。

アルコール依存症者への家族の支え

アルコール依存症は、アルコールによって脳の働きが低下していることも
多いので、カウンセリングに通うことも含めてアルコール依存症を改善する
取り組みを支える人が必要です。

正直、周囲のサポートなしに改善することは容易ではありません。
私のところに相談に来られた方の中には、家族のサポートを受けることが
難しかった方は、職場の上司のサポートによってカウンセリングを継続して
アルコールを止めることができた方もおられます。

改善のためにサポーターを得ることもアルコールを止めるための重要な要素
です。

アルコール依存症に関するコンテンツ


カウンセリングの予約