買い物はストレス発散になる

買い物に依存する人がいるのは、買い物をすることでストレスが発散される効果が
あるからです。
買い物依存症というのは、買い物をすることで得られる心理的な効果をストレスを
発散することに利用する頻度が異常に高くなり、自分の意思ではその頻度をコント
ロールすることが難しくなっている状態です。
では、ストレスを発散する効果とはどのようなものか説明いたします。

快楽を生む報酬系の刺激

人間の脳内には、報酬系といわれる神経回路があります。
別名で、A10神経と呼ばれています。
買い物の場合は、商品を見て回っている時、そして商品を購入した時にこの神経が
刺激されて快楽を感じる仕組みになっています。

この報酬系は、買い物以外のことでも刺激され、快楽を生むドーパミンという神経
伝達物質を放出しますが、ストレスを感じた時に買い物をするという行為が続けて
いると、ストレスを受けた時に買い物をすれば、ストレスが緩和されることを脳が
学習して買い物依存になってしまいます。

女性は買い物依存症になりやすい

買い物をする時に、男性は買いたい物が置いてあるお店に直行して、購入すると
すぐ帰路につくというパターンが多いですが、女性の場合は何を買うか決まって
いても、購入したいものが置いてあるお店に行くまでに気になったお店に立ち
寄ったり、目的のものを購入した後も他のお店を見て回るというパターンが多い
のですが、この行動の違いも女性が買い物依存症になりやすい理由の一つです。

上記で説明した報酬系の刺激は、買い物をした時だけでなく、お店で商品を見て
回っている時にも刺激されます。
購入するという行為だけでなく、購入することや購入することによって生まれる
効果や状態を想像するだけで、脳内でドーパミンが放出されるのです。

女性は、もともと買い物で報酬系が刺激されやすい行動パターンを持っている
ので、買い物依存症になる可能性も高いと言えます。

買い物依存症の予防

買い物でストレスを発散する人のすべてが依存症と良いわけではありません。
また時々は、買い物でストレスを発散させることがあってもいいでしょう。
しかし、依存症になってしまうと、お金が足りなくても買い物を続けてしまうので、
生活が破綻してしまいます。
そうならないように、ストレスを発散させる方法、脳の報酬系を刺激する方法を
買い物以外にも持っておくことをお勧めします。

またストレスを発散させるだけでなく、ストレスの発生自体を押さることができる
ように、ストレスの原因に対してアプローチできるようになることが理想です。
簡単なことではありませんが、依存症にならないためにはストレスの原因を潰す
ことが有効だと覚えておいて頂きたいと思います。

カウンセリングでは、依存症の改善を目指してストレス原因に対処できる力を
養うことも目指して話をお聴きしています。