アルコール依存症はなぜ病院に行く必要があるのか

アルコール依存症の改善に関しては、カウンセリングルームで対応してくれる
ところもありますが、病院に行った方が良い場合もあります。
アルコール依存症は、様々な依存症の中でも薬物療法と同じく病院での治療が
ふさわしいと言えます。
その理由は、以下の通りです。

  • 依存の程度によっては入院、薬物療法を受けることができる
  • 薬物療法を受けた方が良いケースもある
  • 治療設備が整っているところは心理療法も受けることができる
  • 条件反射制御法に取り組める病院もある

アルコール依存症は、日常生活の中でお酒を断つということを自己管理で継続
することが難しい人もいます。
そのため、カウンセリングに通ったり、病院の外来治療を受けても改善しない
ことがあるので、そういう時は入院治療を行うことが必要になります。
病院では、入院によってアルコール依存症を改善していくプログラムを持った
ところがあるので、アルコールが止められないという人は入院をして改善を
目指すことも検討して下さい。

アルコール依存症は、カウンセリングや外来治療を継続できない人もいますが、
その段階で本人も家族も治療を諦めてしまうことがあります。
しかし、入院治療という選択が取れるので諦めずに改善に取り組んで頂きたい
と思います。

 

病院へのリファー

アルコール依存症の相談でカウンセリングを受けに来られた場合、程度によって
は病院に行くことを勧めることもあります。

詳しく話を聴かせて頂くと、どの程度の依存の程度と日常生活の中での改善の
可能性の有無はある程度分かりますので、入院が必要だと感じた場合は病院に
いくことを提案いたします。

カウンセリングも受けたいという方へ

アルコール依存症の改善のために病院の外来治療に通っていたり、入院治療を
終えて外来治療に切り替わったという方の中には、AXIAでのカウンセリング
も並行して利用したいと希望される方もおられます。

そのような方には、病院での治療をしっかりと継続して頂く上でカウンセリング
を受けて頂いております。

アルコール依存症は、脳にアルコールの成分が作用して依存状態になっている
病気なので、病院での治療が必要な場合があります。
カウンセリングだけでは改善が難しいケースもあるので、カウンセリングに行く
から病院は通わないということは望ましくありません。

カウンセリングを受けることは、病院での治療意欲の向上や日常のストレスケア
という点で依存症の改善につながるので、上手に利用して頂ければと思います。

アルコール依存症に関するコンテンツ


カウンセリングの予約