依存症を止めるプログラム

依存行動を止めるためのプログラムとして、依存行動をある刺激を受けて起きる
条件反射とみなし、依存行動という条件反射を別の条件反射によって止めるという
条件反射制御法というものがあります。
条件反射制御法は、パブロフの犬で有名なパブロフ学説をもとに考案された依存
行動を予防する方法で、下総精神医療センターの平井愼二先生が確立されました。

条件反射を制御できるようになるために、4つのステップが構成されており、
その順序に沿って進めていきます。
薬物、アルコール、ギャンブル、性犯罪など、さまざまな依存行動に合わせた
プログラムが実施されています。

カウンセリングの中では、実生活で依存症改善のトレーニングという感覚で
取り組んで頂けるように内容を説明、指導させて頂きます。

以下、カウンセリングオフィスAXIAのメインサイトより条件反射制御法の説明を
引用しています。

条件反射制御法

生まれ持っている条件反射

人間の遺伝子レベルで本能的に組み込まれている条件反射。
例えば、美味しい食べ物を食べると、たくさん唾液が出てきて消化を
助ける、というような働きは条件反射で生じています。

第一信号系条件反射

学習によって身に着いた条件反射を第一信号系条件反射と言います。
美味しい食べ物を何度も食べて、その味を想像できるようになって
いると、その食べ物を目にしたり、臭いを感じるだけで唾液が出て
くるというような反応のことを言います。

第二信号系条件反射

第二信号系条件反射とは、言葉が刺激になって働く条件反射です。
例えば、美味しい食べ物が夕食に出たとしても、食事は家族全員が
そろってから「頂きます」と言ってから始まることを教わっていたら、
見たり臭いを嗅いだりしただけで食べようとはせず、「勝手に自分
だけご飯を食べ始めることはできない」と自分に言い聞かせて我慢
をします。
このように、言語によって認識した内容が習慣化されて身に付く
第二信号系条件反射があります。

 

依存症と条件反射

依存症とは、快楽を得られる行為を繰り返すことによって、第一信号
系条件反射が強化され、快楽を得られる行為を求めずにはいられなく
なった状態です。

例えば、アルコールを飲んで気分が良くなった経験をすると、もう
一度その感覚を味わいたいと思いアルコールを飲むことを続けて、
いつでもアルコールが飲みたくなってしまう状態です。

アルコールは、思考力、運動能力を低下させてしまうので、時と場合
を考えずに飲むものではないと知っていても、アルコールを飲むこと
を止める思考より、アルコールを見たり、臭いをかいだり、悪化する
と想像するだけでアルコールが
どうしても飲みたくなる条件反射が身に着いてしまうと、思考の力で
行動を抑止することが難しくなってしまうのです。

 

依存症の改善と条件反射制御法

依存行動を止めるには、依存行動につながる第一信号系条件反射を
弱める必要があります。依存行動につながる衝動が起きた時に、
『今後、依存行動をしない時間が続く』という思考が生じるような
条件反射を身に付ける必要があります。
その方法が条件反射制御法であり、通常は4つのステップ行って
いきます。

1.キーワード・アクション

条件反射のスイッチとなる動作を決め、「○○はできない、大丈夫」
と言いながら決めた動作を繰り返すという段階です。

2.疑似接種

疑似接種とは、アルコールなら代わりに水を飲むというように、
依存行動を行っても同じ快楽は得られないということを何度も体験
する段階です。

3.想像

想像は、自分が依存行動を行っていた状況、その前の心情などを
思い出して文章に起こし、それを読んでもらうという段階です。

4.維持

維持とは、1~3を繰り返すという段階です。
繰り返すことによって、抑止のための条件反射が強化されていきます。

依存症は、脳に依存の回路が形成されている状態なので、別の方法
で抑止の回路を形成する必要があり、回路が強力であるほど条件反射
として作用するようになります。

条件反射制御法を行っている病院は限られますが、アルコールや
薬物への依存の場合は入院による治療が必要であったり、薬物の
場合は疑似接種の注射を使うこともあるので、病院で条件反射制御法
を受けることが望ましいと言えます。

カウンセリングの中でも条件反射制御法の説明、指導を行っており、
依存行動の改善の一環として取り組んで頂いています。

カウンセリングの予約