依存症は何か

「依存症」とは、日常生活に支障をきたしていても、特定の物の摂取、特定の行動を
止めることができない状態であり、一旦止めたとしても再発する状態です。
依存症は、大別すると2つのタイプに分けることができます。
1つは「物質への依存」、もう一つは「プロセスへの依存」です。

物質への依存

物質への依存とは、アルコール、薬物、タバコなど精神に影響を与えて依存状態を生み出す
ものへの依存です。
依存性のある物質を繰り返し摂取することで、以前と同じ量や回数では満足することができ
なくなり摂取量や回数が増え続けて、その物質がなければ精神状態を維持できないほど悪化
することもあります。

行為(プロセス)依存

行為(プロセス)依存とは、ギャンブル、ゲーム、ネット、買い物、性行為、窃盗、過食、
自傷、
などの特定の行為が止められなくなる状態です。
物質依存のように直接健康状態にダメージがあるわけではありませんが、生活習慣が乱れ、
健康状態、経済状況、人間関係、社会的立場に問題を生じさせてしまいます。

依存症の人が持つ心理的特徴

依存症は、別名で『否認の病』と呼ばれています。
これは、依存症の人の特徴として否認の心理という、自分の問題点を認めない心理的
傾向があるからです。
依存症の人は、『自分は依存症ではない』、『自分の意思でいつでも止められる』、
『反省しているから再発はあり得ない』、という思いを持っています。
また、自分の依存行動を隠すために嘘をつくことに抵抗がありません。
すぐばれるような嘘をついて、嘘がばれても平気で開き直ります。

依存症は、この否認の心理が強ければ強いほど深刻だと言えます。
カウンセリングでは、依存行動が止まっているだけでなく、否認の心理の強さ
を改善の目安としてみています。