ギャンブルを止めるためのステップ

依存症の中でギャンブル依存症も改善が難しいと言える相談内容です。
ただ、その理由は明白で、改善のために必要な取り組みを継続しない人が多い
という点です。

アルコールや薬物に対する依存のように脳に物質が影響を及ぼしているわけ
でもなく、性犯罪や性依存のように性欲という本能が関係している依存症でも
ないので、本人がその気になれば改善は決して難しくはないのですが、自分
が依存症であることを認めない人が多いのです。

否認の心理を潰すことから改善が始まる

謝金を作って家族にも迷惑を掛けているにも関わらず
『自分はギャンブル依存症ではない』という否認の心理が、自分が依存症だと
いうことを認めることを妨げています。

そのため、改善のための一つ目のステップは、否認の心理を潰して、自分が
ギャンブル依存症であることを受け入れることから始まります。

正直、いろんな依存症の相談に対応してきた中で、ギャンブル依存症は否認
の心理を潰すということをクリアすれば、その後の経過はスムーズであると
感じています。

嘘をつかないことが改善への近道

ギャンブル依存症でカウンセリングに来ている人は、カウンセラーに話を
している時はギャンブルをしていない、したい気持ちは起きて来ないと
言っていても、実はギャンブルをしているということもあります。

このように嘘をつきながら、いつかは止めようと思っていても嘘をついて
いるうちは改善することは難しいでしょう。
実際に嘘をついてギャンブルを続け、借金がどんどん増えてしまっていた
という人もおられます。

反対に、カウンセリングに来ている中でも、ギャンブルをしてしまった時は、
正直に話してくれていた人は、徐々に改善していきました。

ギャンブル以外に熱中できるものを探す

カウンセラーは、ギャンブルが止まっているから大丈夫とは判断しません。
ギャンブルを止めている中で、他に熱中できるものを見つけることができて
いるかを改善の判断基準にしています。

それは仕事でも、家族のことでも趣味でも構いません。
ただ、理想は仕事、家庭、個人的な趣味とバランスの取れた日常を送ること
でストレスへの対処をしてもことです。

ギャンブルを止めて別の熱中できるものを探す時に、気持ちと行動の行き先
が上手く分散されていることが望ましいと言えます。
ギャンブル依存症になっている時は、仕事や家庭のことが疎かになっている
ケースが多いので、カウンセリングを通じて生活のバランスを整えつつ、
興味を持って楽しく取り組めるものを見つけてもらえればと思います。

ギャンブル依存症に関するコンテンツ


カウンセリングの予約